妊娠線を身体に残さないようにする方法(消す方法)

スポンサードリンク

身体のあとに入ってしまう妊娠線はいじでも残したくないし消したいもの。子供を産む女性たちのほとんどがそう思っていることでしょう。どのようにしたら残らないのか?仮にできてしまったらどのように消すのかについて紹介していきます。


妊娠線は身体に残さないようにしたい!

妊娠すると出てくる『妊娠線』これは急激に皮膚が伸びることで起こる「肉割れ」と呼ばれるもので「ストレッチマーク」とも呼ばれています。
表皮の下にある真皮の部分が壊れることで生じる肉割れですが、妊婦だからお腹周りにできるというだけであり、筋トレや急激な肥満によって起こる場合もあります。


この妊娠線は最終的に白っぽくなるものの、完全に消えることはありません。
元々ヤセ型体型の私ですが、妊娠線が残らなかったこともあったり、太っていても妊娠線がでたという人も居たりと個人差によって妊娠線の出るでないもあります。ただし、皮膚の弾性が落ちる高齢出産の場合、妊娠線が残りやすいとは言われます。


妊娠線を出さないためには、体重を急激に増やさないことが一番ですが、これでダイエットに走っては本末転倒です。それよりもお腹の皮膚を保湿するようにしましょう。妊娠線を予防するクリームなどもありますが、保湿できるのであれば市販の乳液やオイルなどでも構いません。


塗るタイミングは起床時やお風呂あがりがいいでしょう。忘れずにやるのが肝心です。これで予防できるかどうかはわかりませんが、一定の効果が得られるはずです。最も目立つだろう臨月近くなったらこまめに保湿するようにしましょう。


余談ですが、体毛についても気になる方がいるようなので触れてみます。妊娠すると女性ホルモンっが増えるため、普段と比べて毛深くなります。
全員そうとは限りませんが、普段と比べて毛深くなるとなんだか妙な感じを覚えてしまいます。これは妊娠中の間だけで、出産後は元の薄さに戻るので安心してください。


妊娠から出産まで運営チームからのお知らせ

妊娠線予防専用のクリームなども市販で出回っています。クリームを塗るのを毎日の習慣にすると効果的です。



コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。