産後について

スポンサードリンク
カンガルーケアや母乳育児、マタニティブルーなど産後どのように育児に取り組んでいくかについてヒントになりそうな情報をまとめました。参考にしてみてください。

産後についてについて妊娠から出産まで運営チームからのお知らせ

色々な方から産後の育児などについてアドバイスを受けると思います。すべてを取り入れるのは無理なので、適度に受け流すことも大事ですよ。
出産後のケア(カンガルーケア)で気を付けることや効果は?
出産後のケア(カンガルーケア)で気を付けることや効果は? 生後間もない赤ちゃんを母親のお腹にのせて抱っこすることを『カンガルーケア』と呼ばれます。本来のカンガルーケアは予定日より早く生まれた赤ちゃんにするケアです。通常の出産に行うカンガルーケアのことを「早期
母乳と粉ミルクはどっちが子供にとっていいのか?メリットとデメリット
母乳と粉ミルクはどっちが子供にとっていいのか?メリットとデメリット 粉ミルクで育てるより母乳のほうがいいと言われているからといって「絶対母乳で育てなくちゃ!」という考えになってはいけません。母乳はたしかにお金もかからないですし、楽ですがプレッシャーがかかる部
母乳のメリットデメリット粉ミルクの種類について(赤ちゃんが栄養不足にならないように)
母乳のメリットデメリット粉ミルクの種類について(赤ちゃんが栄養不足にならないように) 産まれたばかりの赤ちゃんが口にするものはお乳です。多くの人が赤ちゃんは母乳で育てたいという人が多いのではないでしょうか?そんな母乳にも実はメリットとデメリットがあります。妊
乳児にはやはり母乳がいいのか?母乳にこだわりすぎていけない理由
乳児にはやはり母乳がいいのか?母乳にこだわりすぎていけない理由 乳児のために「母乳で育てる」ということに執着しすぎてもいけません。たしかに免疫力が高まるし、愛情もすごく深まりますがそこにこだわりすぎると神経質になってしまう方がでてきます。「母乳で育てることが
生まれた子供には母乳以外をあげてもいい
生まれた子供には母乳以外をあげてもいい 病院側で「母乳以外はあげない」「哺乳瓶であげるのはダメ」と指導するところがありますがこれはあまりにも度がすぎているのではないかと感じます。楽しく子育てしたいのに、制限がありすぎてのびのび子育てできなくてストレスがたまり
正しい授乳姿勢で授乳するとママも楽?子供にとって最適なスタイルは?
正しい授乳姿勢で授乳するとママも楽?子供にとって最適なスタイルは? 生まれたばかりの赤ちゃんをおっかなびっくり抱いていては、授乳がうまく出来ないのは無理もないでしょう。授乳には『授乳姿勢』と呼ばれる正しい姿勢があります。これを覚えていると両方に負担をかけない
マタニティブルー(産後うつ)になる理由と解決方法
マタニティブルー(産後うつ)になる理由と解決方法 マタニティブルーという言葉があります。 これは出産と同時に、これまで分泌されていた女性ホルモンの量が急激に減ることで起きる現象と医学的にも説明されています。結果、産後2,3日目から3ヶ月前後の間、気分が沈んだ
出産後旦那と育児の分担は?イクメンにするためにママがすること
出産後旦那と育児の分担は?イクメンにするためにママがすること 母親のメンタルを一番思いやってくれる存在、それが旦那さんです。昔は『男は仕事、女は家事』という具合にわかれていましたが、最近の若い旦那さんは育児に対しても協力的な人が増え『イクメン(育児メンズ)』
子供の教育に関して他人の意見は参考程度に...
子供の教育に関して他人の意見は参考程度に... 出産後に必ず出てくるものとして、先輩ママやおばあちゃんの助言があります。こういう助言は大変ありがたいものだと思われがちですが、実際には玉石混交、役に立つ話もあればとんでもない話もあります。例えば「ミルクは母乳よ
里帰り出産がいいのか自宅での出産がいいのか?それぞれのライフスタイルに合わせる
里帰り出産がいいのか自宅での出産がいいのか?それぞれのライフスタイルに合わせる 私の場合、自宅での生活でしたが、近くに母と祖母の家があるのでたいへん助かっていました。最終的には追い出してしまったわけですが、今はよりを戻してたまに行き来する生活を送っています。