妊娠から出産まで

スポンサードリンク

妊娠から出産まで


妊娠から出産までメインビジュアル(赤ちゃん)

妊娠から出産までについて当サイトにお越しいただきありがとうございます。


 こんにちは、当サイト管理人です。以前私が務めていたところは産婦人科だったため、数えきれない妊婦さんたちと出会い数えきれないほどのお産にも立ち会ってきました。思い出すだけでも冷や汗が出てしまう体験から、感動して涙が出てしまうような体験。様々な体験を経てこのサイトを開設いたしました。


産婦人科で働いていたころの知識、留学中に学んだ最新技術。幾多の分娩から学んだ知識から執筆しておりますので、今妊娠中の女性、これから出産を考えている女性、もうまさに出産間近の女性。そして出産を無事終えた女性。もちろんいろんな状況の方がいらっしゃると思いますが、こちらのサイトでぜひ出産や出産後の身体のことでの悩みが少しでも無くなることを願っております。



妊娠がわかってから出産までの悩みは人それぞれです


 妊娠検査薬や月経のリズムから妊娠がわかってから、出産、そして出産後に至るまで女性(旦那さんも含めて)は様々な、悩みや不安、そして楽しみを持つことになると思います。楽しみは、赤ちゃんにも好影響を与えるものですので、問題ないかと思いますが解決しなければいけないのはやはり「悩みや不安」です。


この悩みや不安に関しては、妊娠から出産に至るまで人によって様々です。不安や悩みというのは、毎回だれにでも起こるということです。もちろん出産を何度も経験された方でも不安や悩みはあります。ここでポイントになるのは、不安や悩みを持たないようにしよう!と思うのではなく不安や悩みを誰かに話したり、調べてみたりして早めに解消することが大切なのです。


出産を経験している方はたくさんいらっしゃいますし、産婦人科の先生も同様です。私が産婦人科で働いているときも、何気なく質問された私達からしたら当たり前の回答でも、その方にとっては「肩の荷が軽くなるぐらい欲しかった答え」だったということも何度もあります。妊娠中に何か不安を持たれた場合は、誰かに相談してみる!というのが一番の近道かもしれませんね。



お母さんは、自分の身体はもっと労わってもいい


 妊娠中も出産後も母親はすべてを犠牲にして、赤ちゃんのために自分をささげなくてはいけない。という雰囲気がありますが、私はこれは違うと思います。お母さんはもっと自分の身体や気持ちを労わってもいいんです。


 自分に宿った小さな命、そのために一番良いことをしてあげたい。がんばりたい。そういう気持ちは母親として当然のことです。でも努力がすべて実るわけではありません。妊娠・出産・子育て全部がそんなものです。勉強や仕事のように、努力と結果に因果関係があるわけではありません。「では、どうすればいいの?」そう感じる人もいるかもしれません。


 お母さんの体も大切に、赤ちゃんも大切に、お母さんが笑って子育てをスタートできるように多少気楽にいきましょう。そんなスタートがしっかりできるような、やり方や知識をこちらのサイトではまとめてあります

深く悩まないで、気軽にこのサイトを覗きに来てくださいね。



妊娠から出産まで運営チームからのお知らせ

 妊娠中は出産に至るまでお母さんはいろんなストレスがあると思います。こちらのサイトで少しでもお母さん方の不安や悩みが解消されるよう、私達も願っております。